ご飯を食べに行く。

ベトナムフォー

「ムッ」としたとき、友人とご飯食べにいけたらいいのにーーーとよく思う。

 生きていると「ムッ」とすることがある。仕事をしていているときに多いかな。何言ってるんだ、この人?みたいな。

僕は電話を受けることが多いので、よく思う。ややこしいからFAXかメールをしてくれよ、みたいな。けど、怒っても得をまったくしないので、相手の要求を聞いて、こっちの要求を通して、「ふぅ」とか言ってやりすごす。

 でも、そうするとお腹が減るわけです(「ムカ」は腹筋を使うけれど、「ムッ」はお腹から力が抜けていく感じがする)。なので、「ムッ」と感じたら、「今晩はどこでご飯を食べようかな」と、人と話している最中から考えてしまう(気楽なもんだ)。

 こういうとき、仲の良い同僚とか、新人のマリちゃんに言い寄って手ごたえとかあればいいんですが、やっぱり雨のち晴れでして、とぼとぼと新宿ねぎしで麦ご飯をおかわりしたり、スタバでチョコレート・チャンクスコーンを暖めてもらったりする。

人と食べに行けるなら、もうちょっと洒落たところに行けるんだけどなあ(と、「いきたい」と思うお店をストック)。

 たまに友人がゲットできて、「うほーい」と言いながらご飯が食べられるときもある。と言ってもそこで仕事の話なんてするはずなくて(笑)「駅で告白されるのっていいよね!」なんて、10年前のオザケンのような会話をする。最近は「結婚」の文字が多くなってきたのでちょっと切ないな〜と思ったり、みんな大人だなあと思ったり。

そんな風なことを思って、ふと、「あれ、何で友人と会ってご飯を食べてるの?」とよくわかんなくってくるけど、別にそれでもいいかな、とちょっと思う。いや、夕食の話題でさえ仕事に汚されたら終わりかも・・・と反省をこめて思う。ご飯は楽しい会話をしながら食べるもんだ。

 まあ、なんだかんだ言いながらも、細かいことにいちいち腹を立ててたらお金がもらえないし、スキルもアップしないし、何より美味しいご飯も食べられなくなる。ご飯が食べられないのはとにかく悲しい(と去年激しく思った)。

そう思うと「ムッ」も、あっていいかな、こうやって友人とご飯を食べたくなるから悪くないのかな、と恋の話をしながら思うのでありました。

 さーって。今日はどこに食べに行こうかな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です