缶詰な日。

二二二二二二l      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|    作れ! さっさと作れ!
 | |             |      ∧_∧ 
 | |             |     < `Д´ >つ─◎ 
 | | /´ ̄ ̄ ̄ ̄/⌒ヽ.|   /´ ̄し’ ̄し’ \ ///.  
 ̄ ̄|       | | ̄ ̄ ̄|  、_人_ /  彡 ◎ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |       | |      |  _)  ◎彡.| |   バン
    |       | |     |  ´`Y´   .| |  バン
    t______t,,ノ     t_______t,ノ
_______________________

・・・休日なのに用事押し寄せすぎ。。。

今日見つけた読みたい本。

福岡賢正『たのしい不便―大量消費社会を超える』南方新社

いつもやってることをアナログ的に生きてみた毎日新聞の記者による記録。自転車通勤とか、自販機使わないとか。

こういう小さい幸せ(?)は結構好きなつもりなんだけど、普段は忙殺だからスポーンと忘れてしまう。旅をしているときは結構気がつくから、思い出したくなって、また旅に出たくなってしまう。はふー。悲しい。でも、こういう普段からの楽しみ方もありなんだなあ(資本主義うんぬんは別として)。明日書店で探してきます。いや、その前に用事終わらせなきゃ(-_-;

それにしても、たぶんだけど、あと10年以内に東京で大地震がありそうな気がするし(「真夏日に地震、3日間交通マヒ、断水、停電@六本木」とか)、それ以外にも買収劇が激しくなってこの国の経済が転覆するとか、みんなのお金遊びが激しすぎて経済がおかしくなるとか。とはいえ、もしそうなっても、こういう身近に転がってる幸せって忘れずにいたいなあと思う最近。「戦場のピアニスト」を観て、ちょっとなよっとしているbottsuさんなのでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です