いまどきの夏休み

東京には800くらいの中学校があるんですが、うち8割が実は8月25日から学校がスタートします。

テレビなんかで
「夏休み最後の一週間」
なんて言ってますが、東京に限って言えばほとんどが「おもう終わったよ!」なのであります。東京の教育はなぜか全国的に波及されていくみたいで、全国的にも夏休みを早々に終わらせるところも多いらしい。

なんで夏休みの終わりが1週間早いんですか?と管理職に聞いたら「授業時間の確保」だそうな。土曜日を休みにしておきながら!!!何だか現代の教育がどっちに向かっているのかわかりません。

個人的には、周りの普通に働いている人たちは仕事をスタートしているわけで、僕も一昨年まで普通に夏は1週間しかなかったわけで、別に違和感なんてないんですが、現場の先生たちのクレームは相当。全国的にまだ休んでいる先生たちがいるのに、自分たちは働いている、不公平だ!みたいな。

それって論点が違うんじゃないかなあ・・・と思ったりしてます。教育公務員ってほんと「権利」とか「平等」という意識が強い気がします。このまま例の政党が議席を大量に確保したら、教育関係の法律が一気に変わるみたいだから、それはそれで、また大変だなあという感じです。

まあ、そんなわけで働いている今日この頃。

スポンサーリンク
広告1
広告1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告1