物件を買うことについて考えてみた

将来、ビルで友達たちとテナントとかやったら面白くないかな?なんてこっそり思ってます。
1階がカフェとか本屋さんで、カウンセラーの知り合いが多いから面接室にしたり、貸し会議室みたいなワークショップができる部屋があって、雑貨屋でも何でもいいんだけど、イベントとかやりやすいテナント集合体みたいなビル。一般企業や雇われ人として働いてきて、「そろそろ疲れたなあ」と思い始めていそう頃、面白いと僕が思ったり、僕のことを面白いと思ってくれている人たちに声をかけて、やってみたいと思う。

それにはビルを買わないといけない。
もっと前に、そもそも「物件を買う」とはどういうことなんだろう?
ということで軽く調べてみたんですが、面白い。ローンを組んで毎月の支払いを「家賃」と思えば、払いきれば手元に物件が残る。引っ越しても貸せばよいし、ローンでも「資産」となって「運用」の対象となる・・・などなど。価値が減って行ったり、メンテナンスが大変だったりいろいろだけど、こだわりを持って買うと、いろいろなことができるんじゃないか?と思ったりしました。

あと、いまはどうも「住宅ローン減税」というのがすごい、ということで買ったら、なぜか黒字になるという。もしかしたら僕って非課税になるの?とか、住民税まで減税されるだなんて、ちょっとすごい・・・でも認識が間違ってそうだから雑誌とWebと本で勉強してみます。FXなんかより全然面白いです。

まあ、空想だもんでそんなことするかどうかもわからんのですが、場所場所で広告を見て「むふふ」とできるのって楽しいです。

今のところは頭金もないので、空想妄想で楽しいと思うだけで十分かな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です