じゃないですか

[読書]Lonely Planet Tokyo

ロンリープラネット

Lonely Planet の東京版。じっくり読んでないけど、名所とともに、日本人があまり知らない東京の歴史も一緒に書いていて、ちょっとした発見が結構多い。上野って江戸時代にね・・・みたいな。「日本の東京らしい」を知りたい外国人が歩いた京都を、日本人が歩きなおしてみる。それって、なかなかなことだなあ、うっしっし☆なんて思ったりします。

[読書]じゃないですか?

じゃないですか禁止令

最近「じゃないですか」という人が多いのですが、聞いていて「うがぁー」ときちゃいます。

「この前、私、中国に行ったじゃないですか?」
いやいや、しらんがな

と、冷たく言い放ちたくなります。
なぜかわかんないけど、すんごい気持ち悪いんです。

東京の言葉が気持ち悪いときは、できるだけ大阪弁に言い換えて考えるのですが、この言葉に対応する大阪弁ってないような気がします。たとえば、、、

1)問いかけの場合
→「中国に行ったやんか」
これ、「一緒に行った」って意味です。「そうそう、楽しかったやんな」と続くかもしれません。一緒に行ってもない人に言う言葉じゃないですね。

2)確認の場合
→「中国に行ったやんか」
≒「『中国に行った』って話したやんか?」
「中国に行った」話がそこからスタートします。「ほうほう、行ったいうとったなあ」という返しになるはずです。

3)ネタふりの場合
→「中国に行ったやんか」
これ、一番「じゃないですか」に近いけど、関西人は使う?気持ち的には、「中国にいってんけどな」と、接続詞が必ずくっつく感じがする。だから返しとしては「へえ、そうなん?」と、「中国に行った」という面白話がどうオチるのか楽しみにネタのふりかたをする気がする。

・・・うまくいえないんだけど、「じゃないですか」という言葉のニュアンスは、話し手を無視してるというか、キャッチボールがないというか、間違っていても訂正させてくれない脅しがあるような気がします。たとえば。

・あと3ヶ月もすれば夏がやってくるじゃないですか
・みんなビートルズが好きじゃないですか
・もう流行ってるじゃないですか
・そんなことでいいんじゃないですか
・予算より決算の方が大事じゃないですか
・ほかじゃ絶対味わえない醍醐味じゃないですか

いやいや、違うから!!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. トロ より:

    僕も「OOじゃないですか〜」と言われると、すごく嫌な気分になります。本当に、押し付けがましいと思います。大抵は、言っている本人は(押し付けていることを)気付いていないことが多いんじゃないかと思います。僕が知っている人で、「その言い方変だよ」と言ったら、「(眉間にしわをよせて)は!?」という人もいました。今でも「なんか嫌な事言ったのかな」と思ってしまいます。

  2. bottsu より:

    > 「(眉間にしわをよせて)は!?」という人もいました。
    自分がビックになって世間に物申すか、使わないように気をつけるしかないかもですね。ここ半年、この言葉のパラフレーズを考えていますが、いい案が浮かびません。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です