記録?

図解 仕事ができる人のノート術』読了。その他、ノート系の本を読んだけど、一言。

え?

何というか、当たり前のことを当たり前に書いてあって。たぶん、この本の内容は、その後いろんなところで言われるようになって「当たり前」になったから、僕のさっきの感想になったかもしれない。

別の著者のノート本(タイトルを書くのも嫌)はひとつのアイディアを200ページくらい書いてあって、別の意味で脱帽。ある人の会議術の本も読んだけど、「アジェンダと見通しはちゃんと持っておけ」ということ。当然じゃないの?

やっぱり、こういう系の本は何か不安になったときに誘われる、媚薬みたいなものかもしれない。カツマー本を本気で読んじゃう人ほど仕事できてない、みたいな印象です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です