学問のすすめ

斎藤 孝訳の福沢諭吉「学問のすすめ」読了。
すごいよい本です。というか、これを江戸末期から明治を生きた人が書いたのか!というのに驚き。

有名な「人は天の上に天を作らず」という文は、「人間は平等である」としか言ってない。そうとはいえ賢い人もおろかな人も、貧富も、身分も確実にある。「その有様雲と泥との相違あるに似たるはなんぞや。」と諭吉は語る。それは学問をしているかどうか?という点に戻る。つまり、学問はすべての人に平等に開いていて、そのチャンスを適切に使わないとまずいぞ!と諭吉は言っているんです。

その後はビジネスに通じる話もどんどん出てきて、「これは明治時代の自己啓発書か?!」と読んでいてうなってしまうこと多数。今のところとにかく参考になったのは、上司に嫌がらせに対しても「不義理はしない」という部分。なるほど、正義を通さないと痛い目にあうぞ、ということらしい。

かなり面白い話でした。お勧め。

学問のすすめ 現代語訳 (ちくま新書)
福澤 諭吉
筑摩書房
売り上げランキング: 762
スポンサーリンク
広告1
広告1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告1