異動

結局、先週「異動してもらう」と言われ、今日移動先が決まる。
区内異動。区外に出たかったけど、急すぎたのか出してもらえなかった。
管理職からは「周囲に言わないでね」、とのこと。

その学校の名前を頭の中で唱えてみる。

うん、今の勤務先よりより言いやすい学校名だ。
そう思っていたところに電話がかかってくる。

春からまた、違う学校名で電話をとっていくんだなあ。
そう思って取ったら
「はい、○○中学校です」
とついつい異動予定の学校を言ってしまう。

周囲は驚きこっちを見て、1秒後に爆笑。
みんなが「今日は異動内示の発表日」と知っていたので、爆笑。

「いやはや、部活動の試合で調べていたら」
とごまかしたけど、後の祭り。

久しぶりに恥ずかしいことをしてしまった。
思い出しても恥ずかしいです。

まあ、そんなわけで異動するわけですが、親しい人には伝えました。
「いなくなるのは辛いんだけど」
といわれたり
「優秀な人物は区外に出さないからねえ」
とほめてもらえたり。

一貫して言われたことは、
「学校サイズが小さくていいところだよ、今のところより断然よいよ」
とのこと。

今がどれだけダメなのか正直よくわかってません。
ただ、何をやっても徒労感があるし、しんどいのは確か。
ひとつ判っているのは、どの人に聞いても「ダメ」というくらいダメらしい。

今年1年、中学校1年生を教えていて「ああ、しまった」という部分は
僕自身結構ある。初任者にとって、1年目の生徒はある意味「申し訳ない」
と思う。こちらも一生懸命がんばっているから、それで許して、みたいな。
(もちろん僕がどう教えようと、どこかでフォローアップされるから、重大に
考えすぎなくてもよいんだけど)

そう感じている部分があるので、心機一転、「やりたいこと、できること」を
考えながらすすめていけたらと思う。実は教員としては4年目。
妙にやる気が出ているので、3月は指導教官の資料をコピーさせてもらって、
授業の糧を貯めていこうと思う。あと反省を言葉にしておかないと。

にしても、やっぱり思い出しても恥ずかしいなあ。

スポンサーリンク
広告1
広告1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告1

コメント

  1. yoko より:

    あははは。見た瞬間笑ってしまったよ。かわいいなぁなんか。

    でも、内示を受けた瞬間は、本当にすごい勢いで頭が回転して色んなことを考えてしまうから、気持ちはとっても分かります。

    にしても、お互い30歳を前にして、潮目が変わってくるときなのかもしれないよ。春はもう目前です。

  2. bottsu より:

    かわいいでしょ~。
    思い出しても恥ずかしいですよ。

    35歳までの予定を立てないとなあ。
    島とか、日本人学校とか。

    流浪の民なので、普通じゃつまらない~
    ららら~。