スピーカ

投稿者: | 2010年3月28日

ずっと悩んでいる授業で使うスピーカ。
CDプレーヤを持って行っていたんですが、重いし、CDを作るのが面倒。
重さを考えると、毎回5キロくらいのものを両手いっぱいに抱えてました。
PCを使うときもあったので、プラス2キロ。階段を上がり降りするといい運動です。

いい運動とはいえかなりつらかったので、コンパクトに、スマートにしたい。
ipod+スピーカではどうか。CDを毎回交換する手間がないし、「忘れた」もなくなるし、
何より見栄えがかっこいい!!

でもなかなか、教室いっぱいを爆音でかき鳴らすポータブルスピーカが見つからない。

そして今日ヨドバシに行って「もしかしたら」と、ipod売り場に行ったら発見。
JBL、さすが。

ハーマン インターナショナル JBL on station T M III P ホワイト ONSTATION3PIPWHTJ
JBL (2008-11-20)
売り上げランキング: 21133

デモ機で自分のiphoneを差し込んで最大音量にして試した中で、一番軽くて音がよかった。
(その後にきたお客さんが店用ipodを差し込んでは、大音量に身体をびくびくさせていたのには
申し訳なかったけど)

音は良いし、10wを超える音量なのは満足だけど、2万円弱と強烈に高い。
5キロを取るか、スマートさを取るか。
肩を壊しかねないので、スピーカを取りたい気分。

あと、ミニプロジェクタがあれば、iphone+スピーカ+プロジェクタの最小構成で授業ができてしまう。
授業専用のバッグにすべてを詰め込み、あとは教科書とチョークがあれば、「ICTを駆使して
授業やってまっせ!」的になるな。学校の偉い人たちは、こういう「最先端っぽいこと」が好き。
そして生徒も、ほかの先生とは違う授業スタイルだと思って好奇心満載。一方の
僕にしてみれば、黒板を書くのをルーチンにして楽してるわけだから、お互い好都合(笑)

でもミニプロジェクタのルーメン数が、まだまだ。教室の明るさについていかな。惜しい。
ここが今年もっとも開発を進めてほしい領域かも。

取り急ぎ、3月末までの職場にあるプロジェクターはエプソンの10万円ちょっとのもの。
これがかなり優れもので、50cmくらいの距離でかなり大きな画面になる。
もっと離すと体育館で上映できるほどの大きさになりました。汎用性が高い。

でも個人で買うには高いし、まだちょっと重たいかな。
このクラスの明るさでコンパクトだったら個人で買ってもよいかな。

どんどんと機械は進歩して行っていて、ちょっと恐ろしいです。
これらを享受しながら「都会はいやだ」っていうのは、もしかしたらダメなのかもな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です