インテグラル理論入門I

インテグラル理論入門I 読了。

インテグラル理論入門I ウィルバーの意識論
鈴木規夫 青木聡 甲田烈 久保隆司
春秋社
売り上げランキング: 123373

トランスパーソナル学の理論の基礎と言われたけれど、「トランスパーソナルは死んだ」と言って、インテグラル(統合)思想を極めようとしているウィルバー。 正直わかりにくい。理由は、西洋・東洋を問わず、哲学・心理学・社会学、その他もろもろ、使えるものは何でも取り入れて、それらを踏まえて理論を構築しているため、人の名前とか理論がどんどん出てくる。そして独自の用語でそれらを解説していく。だから分かりにくい。そもそも哲学・思想なんだから、そりゃそうだと。 それを、日本人による手でまとめたのがこの本。びっくりするくらい解りやすいです。ある程度の心理学の知識(特に発達心理学)を知っていたら、かなり理解度は上がります。

なるほど、ウィルバーはそれが言いたかったのか〜といろいろ感動しました。

取り急ぎ、ユングを讃えながら批判した「眼には眼を」を読みたいんだけど、絶版。古本でも8000円〜4000円(ヤフオクならここ)。う〜ん、買ってもいいのかなあ。まずは図書館に問い合わせからかな。

勉強楽しいですねえ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です