2月4日

週末〜♪
と喜んでいる状況はあんまり良くないよ!と知りつつも、
小躍りしながら授業。受験前なのにDVDを見せることになった
3年生も、落ち着いて映像を見てた。授業をどうやろうが、
何しようがもう、大きな影響はないから、むしろ息抜きとして
授業があって欲しいなと思う。勉強したいだろうけど。

2年生は昨日作ったカラーのプリントで、「電話で話そう」。
かなり精巧にできた電話のおもちゃを使って、May I speak to ~?とか
Why don’t you ~?みたいなフレーズを学ぶ。まあまあ、楽しくやってくれ
たのでOKかな。あとはドリルで復習してね、です。

授業は相変わらず怒涛の5時間。
そのなかで1時間だけ空きがあったんだけれど、
「パソコンのネットワークがダウンしてます」と
管理職から怒られる。

いやいや、僕が主担当じゃないんですけど!と
思ってしまうけれど、他に動ける人がいないので仕方なく
サポートセンターと電話をやり取りしながら原因究明。

普段なら快くやるんだけど、理屈をつけて「自分の仕事じゃない」
と思ってしまうのってやっぱり何かに対しての怒りがあるんだろうな。
怒っても仕方ないんだけど、もう行きつくところまで来たような。

気分を変えたくて、夜は大学へ。
ゼミに少しだけ参加したけれど、やっぱり楽しい。
探求したいテーマを紆余曲折しながら形にまとめる作業は
直接的に誰の得にもならないんだけれど、自己満足の世界
なんだけど、楽しい。羨ましいなと思う。

そんな気持ちのまま飲み会へ。
そこでお世話になっている先生が「じゃあ、大学院に戻れば?」という
お誘い。たしかに状況を考えると、今回を逃すと次はかなり厳しい戦い
になると思う。さらに、なんとなくこれがやりたいな、というものが見えつつ
あるので、そこを追求してみたい気持ちもなくはない。

ただ問題は仕事のこと。
教員のまま大学院に進学できる制度があるけれど、条件があって、
「専修免許状」を取得するのがまずもっての条件です。大学卒は
1種免許状なんだけれど、大学院でその科目の授業を無事に修了すれば
「専修免許状」となるのです。それを取得しなさいと。残念ながら僕は
修士課程を修了しているので、この枠組みに入らないし、英語でそれを
取るなんて微塵も思ってないのでパス。

となると・・・働きながら通うか、辞めるしかない。
う〜ん、厳しい。厳しいながらも何とかなるかもと、ちょっと探してみよう。

あと論文も書かないとなあ。
久しぶりなので自分がこれまでやってきた領域からほそぼそと。
学会誌編集をしている人が身近にいるから、渡してみようかな。

・・・こんなこと書きながらビビってやめたら恥ずかしいけど、
ともかく書いておこうと、うん。そういう感じです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です