その幸運は偶然ではないんです!

キャリアについて新しい視座を与えてくれる・・・かもしれない1冊。

その幸運は偶然ではないんです!
J.D.クランボルツ
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 4580

今から8年前。師匠から「こういう人がいる」と論文のコピーをもらったのが、クランボンツとの出会い。当時は英語ができなかったから読まず、でもどこかずっと気になっていた。というのも、キャリア選択は計画通りになるものではなく、偶然に開かれた態度であることが大切というハップンスタンド・セオリーを提唱していたから。

それ以前から「将来の夢」を決めて進路を選ぶとか、嘘だと思っていたところもある。
「やったことない仕事について意気込みを聞かれても困る」と思っていたせいか就職活動ができず、一方で「その時々でやりたいことをしっかりやっていく」という気概を忘れなければ、だいたいのことがうまくいくような気がしていた。もちろん努力だけど。そして何より、自分を含めた友人たちのキャリア選択が、偶然に支配されていると思えてならなかった。

クランボンツは多くのインタビューを元に、キャリア選択の8割が偶然であり、その偶然を手にするためには、いつでもその偶然を受け入れる態度でいることが大切だと繰り返し強調する。また、「とにかくYesという」など、インタビューから導きだされた、ためになる指針を出してくれている。

キャリアについて悩んでいる人が読むと元気になるかも。
ただし、インタビューから結論を導きだしているというより、恣意的に結論を出している気がして、学術的な視点があまりないので、キャリアの研究としては、クランボンツの論文を読む必要があるのかも。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です