2月20日

髪を切りに行く。
いつもの方はおめでたで、かつ体調不良ということで、
店長さんに切ってもらう。

駅前の一等地に移転したため、新品の匂いがまだするので、
気になって「家賃、いくらですか?」と思い切って聞いてみた。
もちろん普通に借りれるはずじゃないですが、意外と高くなくびっくり。

もし自分が借りるとしたら、どのくらいの収益を出さないとダメかなあ
と思ったり考えたり。そう考えていたら、カフェしたいなあと思っていた
ことがちょっと具体的になってきた。

ある場所を人の集まる場所にしたいとき、
やっぱり飲食できるというのは強い。書店のみにした場合、
やっぱりそこに滞在する時間は長くない。それでも別にいい、と言えば
そうなんだけれど、書籍、仮にグッズ販売をしたとしても、その売上だけ
ではお店の経営というのは難しいような気がする。

たとえば古書店の経営であれば、まずかかるのは人件費と土地代。
それを考えれば、ネット通販のなんと便利なこと!プラットフォームは
日本の古本屋でもいいし、Amazon使ったらいいんだもん。
最初は通販で、という解答も、頷けます。
古本屋の経営 | OKWave

まあ、やり始めは仕入れの勉強もかねて通販で、在庫を増やしていく・・・
というのがいいと思うんだけど、でも目指しているのは人が集まる場所。
最初は書店にしておいて、夜は簡単な食事を出す、というスタイル?
あるかなあ、そういうお店。

店を開くとなると、僕はしばらくは教員を続けることが必要だろうし、
そうなるとご飯を作る人をどうすればいいのか?という気持ちもあるし、
ちょっとまだまだコンセプトはまとまらない。

そんな中で嬉しいTweetをもらって、ほくほく。
色々リサーチしていくうちに自然に見えてくることが色いろあると思います。
始まるときは自然に始まりますよ。.
。」

よしっ、調べ始めるか。
とりあえず、これから。
★カフェの開き方★ 3.開業資金ランニングコストについて

・・・そして博士課程の準備も始めないとな。
いろいろやることがあっていいな!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です