英文法 詳解

英文法詳解

英語の話ばかりで恐縮です(^_^;
ま、いろいろあるんですよ人生。

こんな感じで最近は英語の話をよくしちゃうのですが、話していて思うのは、周囲の英語の勉強量が僕とはぜんぜん違うこと。特に「進学校だった」という人たちの話を聞くと、「なんでそこまでやったのよ?!」と思ってしまうほど、徹底的に英語をさせられたみたい。徹底的にさせられたから嫌いになったというのも少なくないみたいなんだけど(笑)

とにかく、「できない」と言いながら、僕なんかよりぜんぜんできてる。

一方の僕といえば高校が美術科だったからか、「勉強より絵を描け!」という感じの学風。だから英語にしても「おちこぼれを作らない」ということが先決。どう思い返しても、テスト前に英文を丸暗記すれば満点近く取れる授業だった気がします。

うーん、学校教育って、なんだかんだ言いながら大切なんですよーーとさりげなく思ってしまうんですが、この「英文法詳解」の一番最初ですら感動してしまう僕です。

たとえば、

・ほかの名詞の前に加えて、それを修飾する形容詞のように用いることがある
 → traffic signal (交通信号)、police box(交番) …これは日本語と似てますね

・「普通名詞+of a 」=形容詞
 → that angel of a girl (あの天使のような女の子)

・all+抽象名詞 = very+形容詞
 →she is all kindness (彼女はとても親切だ)

わ、形容詞になんの?!ですよ。
意味ごとにかっこで括って・・・とか、「意味ごと」がわかんないのに区切って読んでたら、どうりで訳せないはずです(スラッシュリーディングも文法がまずわかってないとダメなんだな、と納得)。

もちろん、こんな項目を逐一覚えていったら頭が痛いだけなので、「困ったら辞書に戻る」程度でよいと思うんですが、「こういう項目がある」というのを知っているのと知らないのでは、ずいぶん違うような気がします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です