4月8日

投稿者: | 2011年4月9日

朝から細かいポイントの確認会議。

こだわる部分をしっかり考えながら、こだわらない部分はその人に任せる。
譲れない部分があれば話し合いをして決めるのが大切。
そんな形でやっていくと、みんなが譲り合えるのではないかと思うけれど、
もともとの思想が違うからとっても大変。

そういう悲しい現実が今、目の前にあってとっても辛い気持ちになる。
相手も尊重したいけれど、尊重の仕方が難しい。どこを支えるといいのか。

これまで「これどうですか?」「いいですね!やりましょう!」「これはどうですか?」
「えっ、それはヤダ、こうすればいいのでは?」「ですよね、ですよね」
という仕事の流れがスムーズな人たちと仕事をしてきたし、経験の浅い人であっても
「先輩の僕の言うことを一応聞いてね、その中でやりたいことをやってもいいよ!」という
気概があった。

でも、そうじゃないパターンでやられていて、どうすれば尊重できるのかなあ・・・と
悩ましくなってます。これまで一緒に仕事をしてこなかったタイプの人なので、よくわか
らなくて。どこにそんな自信があるのか、その根拠を教えて欲しいけれど、もしかしたら
自信がなくてビクビクしているのかもしれないし、どうなんだろう・・・

素直に話してくれたらいいんだけれど、それは自分が壊れることにもつながるから、
なかなかできないだろうし、仮に素直になってくれたら、家族であれば僕は全力で支える
けれど、仕事上の問題だしなあ・・・。

たぶん、生徒と会い始めたら、そのつまずきが、すごい展開に進んでいくと思う。
辛い思いをさせてしまうだろうなと今の段階で想定できて、今日は本当に心が痛い。

夜は定年退職をした大先輩の祝賀会。
保護者もいらしたり、いろんな人に祝杯をあげてもらっていて幸せそうでした。
僕は最後のスピーチをしました。みんなシーンとして聞いて下さり、緊張したけれど
いいこと言った気がします。が、何を話したかまったく覚えてない。

きょえー。
そしてその他の人たちから僕のことを盛大に褒めて下さり、恐縮しまくり。
僕も褒めまくり。すてきな場だったな。帰りは終電間際でどぎまぎしましたが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です