20111227

投稿者: | 2011年12月28日

午前中は病院。
今日はいつもと違って夫婦だったり、子ども連れだったりして大混雑。

「ねえ、お母さんのお腹の中、見てるから、一緒にみよう」と看護師さんが誘うも嫌がる男の子。看護師さんはかなりしつこく誘うが、徹底して断る男の子。諦めた看護師さん。初めての弟か妹に戸惑いがあるのかなといろいろ思い巡らしていたら、中からお母さんと、もう一人男の子が。なんだ、兄弟だったのか!

なんて場面があったり。ドラマがありますね。産科。

連れとその中の人の状態はよいみたいで、お腹も膨らませたりすぼませたりして、推定体重も出せない感じ。先生も「すみません、はっきりしないですが、だいたい2500g後半くらいということで」なんて言ったりして。このドクターが面白い人で、「あ、これ襟足の髪の毛ですね」とエコーをグイグイ押して「ふさふさー」と楽しんでました。あまりに面白いのでいっしょに「ふさふさー」と言っていたら、2~3回くらいされてました。好きなんだろうな、ふさふさ。

エコー写真、毎回もらっていて、顔は相変わらずのカエル顔ですが、かわいく思えますね。かわいくなってくれたらいいんだけど、それはそれで父親としてはいろいろ考えたりして、、、と産まれる前から何を考えているんだか。

内診も含め、まだ母体側が出産体制に入っていないそうで、次回の検診の予約となりました。ただ、年末年始をはさむので、予定日後の日常。そこから1週間過ぎたら誘発剤を使うかもしれないという話も聞く。まあ、2週間後の話だし、明日産まれるってこともあるからとあまり不安にならないようにする。

病院のあとは、近くの吉田うどんのお店に。吉田うどんはもう何回も食べてますが、個人的にはこの病院近くのお店が好き。たぶん、連れが1週間ほどお世話になるだろうから、その際にあと数回は食べられるかな。

ちなみに写真は連れが食べた肉うどん。肉は馬肉でござい。

20111228-085214.jpg

帰りは1時間弱かけて歩くことに。ドクターからも「もう、多少無理してもいいので運動してくださいね」とのことだったし、昨日のナノリウムの店主も「ベテラン産科医は午前と午後に1.5時間ずつ運動させるらしい」と教えてくれたので、悪いことじゃないよね。

道路沿いのユニクロに寄ったり、パン屋に行ったり、本屋に行ったり。その間に会った人は数人。やっぱりこの街は、地元の人を相手にするより、せっかく富士山の麓なんだから、別荘感覚でこの店に行きたいと思わせる街づくりをする方がいいんじゃないかと感じる。それがどういう形になるかぼやけているけど、京都のあの書店に行きたい!みたいなのと似ているような、そういう街づくり。

振り返ると、こういう山ですよ。すごい。

20111228-085658.jpg

家について、のんびり昼寝して、お腹の中の人と軽く遊んで、読書して。これまでの慌ただしさとは打って変わってののんびりした年末です。ご飯を作ってもらいっぱなし、家事させてばっかりと申し訳なさを感じているけれど、まあ、こういう状態だから息子になった気分でいようと、こたつでヌクヌクしながら考えるのでした。

そうそう、読書も新書毎日1冊してます。いいですね、リズムが作れます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です