20120129

By | 2012年1月30日

朝方に連れが起きていて娘の世話。僕はまったく気づかず。申し訳ない気持ちになる。『あんまりかまってられないけど、手を抜くくらいでいいよ』と語る。母は強い!

まあ、寒い中の作業で娘も寒い訳で、困った話です。石油ファンヒーターをつけても機密性が低いのかそこまで暖かくならない。電気のカーボンヒーターは当たっていたら暖かい。僕は後者で十分だけど、娘は意識してあたりにいけないわけで、どうしたら良いものか。三鷹ならすぐに暖かくなるんだけどね。

湯たんぽなども駆使しながら、僕がオムツ替えたりミルク飲ませたりして、なんとか連れの気持ちが緩めばと思う。

一通り終わって時計を見たら6時半。あらら、朝になった。これを毎日一人でやってたらうつになるなと思う。できることは先にやって、娘の(本人的には違うんだろうけど)イレギュラーな要求に答えられる体制にしておかないと。本を読みたいから、ネットしたいから、コーヒー飲みたいからなんてことは、空き時間。連れのマネジメントはかなりレベルが高くなってました。

とりあえず眠れるときに寝て、出産報告のハガキの宛名の入力をしたり、コメント書いたり、部屋を片付けて三鷹に持って帰られるものをまとめたりする。そして気づけば帰宅時間。娘は授乳中。

まあ、忘れられてはいないようだし良かったとバスに乗り込むと、急に切なくなってきた。もちろん離れてしまうことにさみしさがあるんだけど、たぶん、あの赤ん坊の暖かさとか、みてて面白いところとか、そう言ったものに触れられない気持ちがそうさせてる気がした。子どもを育て上げた母たちがよく『赤ちゃん育てるのか、いいなあ』と遠い目をされるんだけど、たぶんそういうことなんだと思う。目の前にいる娘が大きくなるのは一瞬。このかけがえのない時間を目一杯楽しまないと。

僕は天邪鬼なのか『だから反抗期ってあるのかな』なんて考えたりもする。でないと、親子の密着が終わらないですよね。人間、ほんとによくできてる。あと、肌着なる紐がたくさんある服も来てますが、僕には白装束に見えて、生と死の入り口と出口ってつながっているのかなとも考える。どちらにせよ、『そう考えたらそうかも』なレベルなのでどっちでもよいけど、面白いです。

帰宅して、コメを買って、ご飯を作る。平日は一人なのでたくさん作ってしまった残り物を3日かけて食べる的なことをしてますが、やっぱりちゃんと毎食作るべきですね。反省。

一人暮らしってドンドン生活が廃れるので気をつけないと。あと3週間で終わりですが。。。

あと、iPhoneを脱獄させて、iPadとインターネット共有できるようにした。そんな使わないのに、通信料をダブルで使うのはもったいないので。なければないで困ることも多いし。

それからマズローの誤解についてTwitterで回って来て、考えることもあるので、再読したいところ。でも、
総じて高いし三鷹の図書館にもないんだよなあ。取り寄せは一度してみたけど、信じられないほどの時間がかかりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です