冬に向けての服装

By | 2014年10月15日

毎年ダウンのアウターにインナーは適当という形にしていたのですが、子どもをつれて歩くとき、かさばって歩きにくかったり、走ったりするので暑かったり寒かったりで、どうにかならないものかなと思っています。

いろいろ調べてみたら、もしかしたら山登りの服装を参考にすればいいのでは?と思い当たりました。そういえば登山客の服装はかなりスリム。よく調べると三層構造(インナー、ミドルインナー、アウター)で決めていて、アウターは防寒ではなく、防湿・防風をメインに考えているとのこと。つまり防寒はインナーとミドルインナーで固める形だそうです。

スクリーンショット 2014-10-15 6.19.29
モンベル | オンラインショップ | 富士山(夏)登山装備ガイド 2013

あと、モンベルのこのページも参考になります。
モンベル | オンラインショップ | レイヤリングシステム

あと衝撃だったのは「やっぱりか」なのですが、ユニクロのヒートテックはあてにならないという話。ずっと気にはなっていたんだけど、二枚重ねると確かに温かいのは間違いないんだけど、汗をかいた瞬間にとんでもないことになるんですよね。ここのレビューに詳しいです。

さらに詳しい山登りにヒートテックをやめておいた方がいい理由
ヒートテックを山岳ガイドが使わない理由
・・・まあ、山は登らないですけどね。

こういうのもあって、あったかそうです。

もう少し詳しく調べてから、モンベルのお店にでも行って買ってみようかしらん。
来月ちょうど学校行事で河口湖2泊3日なので、それに向けて揃えておこうっと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です