海外から国際電話をオペレーター経由でかけるとやばいことになる

10年くらい前だったと思うけど、アイルランド旅行中、ネカフェでたらたらしていたら、祖母が亡くなったというたまげたメールを受信。慌てて電話しようにも国際電話のかけ方がわからず、とりあえず公衆電話に走ってオペレーター経由で自宅に電話。英語でごちゃっと言ってたけど、とにかく連絡を取らねばと、わからないままにYesと言ってしまった。

まあ、なんとか繋がり、10分くらいで切った。忘れた頃にクレジットカードの請求が届き、見たら確か2万円くらい。え、国際電話ってそんなに高かったっけ?と焦っても、どこにクレームつけて良いのかわからず。仕方なく支払ったのだけど、今考えても腹がたつ。

iPhoneの登場以降、次に国際電話をするなら絶対に無線LAN探して、チャージしてから、LINEで課金して電話するか、skypeを使うと思う。ネット環境がなかったらコンビニに走り、テレカを買って公衆電話からかけることにする(前者は数円、後者は1000円しない)。

ほんと国際電話関係はザルな値段で舐めてるよなあ、、、

タイからの国際電話 – アジア 締切済 | 教えて!goo

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です