フランクルの晩年の言葉

フランクルの晩年の言葉をまとめたこんな本が出てたなんて知らなんだ。。。
人生があなたを待っている―『夜と霧』を越えて〈1〉

実は晩年のフランクルは人生の意味の「数値化」に熱心で、それを測る心理検査を作っていたんです。彼が創始したロゴセラピーなんていまや言葉すら聞かないし、そのテストもどこを見ればあるのやらで、「夜と霧」を、それこそ「越えられなかった」気がしないでもないです。

そうしたフランクルの晩年の言葉とのことで、ちょっと読んでみたい。

人生があなたを待っている―『夜と霧』を越えて〈1〉

ーーー
【内容】「ドン、ウィーンに訪ねてきてくれないか。私たちの人生を話しておきたいんだ」 本書は、アメリカの一臨床心理学者が、1993年から7年間にわたって晩年のヴィクトール・フランクルと妻エリーのもとを訪れ、夫妻とその家族、友人へのインタビュー、取材を重ねてまとめた、ふたりの愛の歴史である。
晩年のフランクルは、ロゴセラピーの仕事に全精力をかたむけ、回顧録をまとめる余裕などなかった。そのフランクルとエリーが、自分たちの人生を記録してもらおうと選んだのが、学生時代にウィーンで1年だけフランクルの指導を受け、30年を経てアメリカで夫妻と再会したばかりのクリングバーグだった。ホロコーストの研究家でもなければ歴史家でもなく、プロのライターでもない著者は、虚心坦懐に夫妻の話に耳を傾け、彼らの生きたウィーンとその時代を複層的に描き出してゆく。
第1巻は、ヴィクトール・フランクルの子供時代に筆を起こし、フロイトやアードラーとの出会いと相克、ロゴセラピーのはじまり、そして、ナチ政権下の収容所体験と戦後の復職までを描く。全2巻。
ーーー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です