電話システム

By | 2017年2月16日

所用があり、ip電話システムを作りました。
材料はraspberry pi3、SDカード、電源用タップとUSB(電圧注意)、中身はraspbxです。

簡単にいうと無料で取得できる050番号を使って家電にしちゃう(FAXつき)ということです。内線の設定や、留守番電話など、電話でできることすべてついてます。

ただ、設定が難しい。
以下のリンクの通りにするとだいたいうまくいきます。あと、こちらのページ(病院の電話システムを作られてます。相当お金が浮いてると思う)
http://raspbx.sblo.jp/

とは言え、僕の設定がまずいのかFAXがうまく動作してません。正式稼働は違うネットワーク内の予定なので、その時にはクリーンインストールをしてセキュリティも高め、余計な動作をしないように進めたいと思います。

これを触りながら、職場なんかの電話システムって相当高い金額で作り上げてるらしいけど、このちっぽけな機械1つで全部賄えちゃうんだよなあと、シミジミ思います。

「内線1つ増やしてほしい」とか「電話線がないところに電話を置いてほしい」とか(ネット回線をとばせたら)簡単にできちゃう。中身もIP電話だから、通話料も相当下がる。

通話については、素人ながらかなり安定した運用ができたので、ほんと技術ってすごいなと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です