ほっと一息

By | 2006年11月5日

通信教育の最後のテストがありました。
B4の用紙1枚を渡されて、指定された題目について論述する、というテストなんですが、いつも難しい。そして残ったテストは一度不合格を食らってしまった英文法。これまた難しいのなんの。

問題を例えていうと、
「7文型について書け」
「非限定関係詞文句と分詞構文との関係を書け」
「法助動詞について書け」などなど。

聞いたことない用語ならまだしも、今使われているいわゆる「学校文法」とは意味が違うことを意識しないと使えない言葉たちばかり(5文型じゃないのですよ!)。なので頭がごっつり痛くなる。しかも例文を挙げて説明しなくちゃいけなくて、(これまた概念理解を苦しくさせる難しい例文たち)だから、テスト勉強をしていても、頭が混乱しっぱなし。

仕方ないのである3題だけ予想をして挑むと・・・ドンぴしゃり。
ラッキー!こういうのが的中するとうれしいですね。

というわけで、さくさくと表まで作成して提出。
これで単位は取れたはず!全取り!

仕事しながら通信制の単位をとる、というのは思っていた以上に辛かったですが、なんとか2年前に建てた目標は遂行された次第。お金はなくなり、2年ほどおっさんになりましたが、これをやってなかったら、人生後ろ向きまっしぐらだった気がします。勉強はするもんです。

教員免許を取得できてたら、2年の経験をまとめてみようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です