Tag Archives:

中沢新一『僕の叔父さん 網野善彦』

すこぶる面白かった。こんなにグイグイ読ませる本が書ける人なかなかいないのでは?と。そして、網野善彦が唯物史観の歴史学な人でしか知らなかったけど読みたくなった。こんな魅力的な一家はやっぱり学者になるよなあとか、いろいろ思っ… Read More »