『誰と会っても疲れない気づかいのコツ』

水島広子『誰と会っても疲れない気づかいのコツ』読了。

この本を要約するとこんな感じ。

疲れる気づかいは、相手にどう思われるかという「不安」をエネルギーにしている。心地よい気づかいは「安心」をベースにする。余計な推測をせず、相手の話を聞く、気持ちを伝えることをしよう。

繰り返しが多いのですが、改めて言われるとなるほどなあという感じでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました