スポンサーリンク

なんかこう、ね、なんかこう 〜古今亭志ん朝(三代目) – 宋珉の滝

宗珉の滝そうみんのたき

うまく説明しにくい噺ですが、出だしから「プロとは?!」まという枕から、
本題に入っていくのがスムーズで、途中から、その語りの世界にいて、
志ん朝師匠が話しているのに、なぜか志ん朝師匠がふっと消えてしまう感じが
さすが!というか、それでも笑ってしまうところが、落語って面白いなって思わせてくれます。

古今亭志ん朝(三代目) – 宋珉の滝





タイトルとURLをコピーしました