江戸落語

スポンサーリンク
古典落語

あんた、ちょっと最後まで話を聞いてよ! 〜三遊亭円楽「芝浜」

6代目円楽師匠の「芝浜」。 情景がきれいに見えてくる語り口で、最後までぐっとつないでくれます。 ...
10分くらいの噺

春風亭柳好(三代目)「野ざらし」

「骨釣り」では?と思ったら、こういうことらしい! 野ざらしは、古典落語の演目のひとつ。野晒しとも表...
30分くらいの噺

こんな太鼓、うれやしないよ! 〜桂歌丸「火焔太鼓」

歌丸師匠、ずっと笑点で幽霊扱いされていて、でも笑顔でやり返す。 笑点の司会になってからもみんな寄っ...
10分くらいの噺

どういうわけで、やかんとなったって聞きてえんだ! 〜三遊亭金馬(三代目)「やかん」

三代目三遊亭金馬さんゆうていきんば師匠の「やかん」。漢字で書くと「薬缶」。どういう意味かは冒頭しっか...
古典落語

花魁はあれですよ、あなたに一心だ! 〜柳家三三「橋場の雪」

「橋場(はしば)」は地名で、墨田の方の話。 花魁に誘われたり、うっとりしたり、いろいろするんですが...
20分くらいの噺

ご隠居は普段から仕事してないけど…そうだそうだ!え?なんだって? 〜桃月庵白酒「つる」

テンポの良いまま、「つる」 の名前の由来について流れていきます。ご隠居は落語の中ではほんと、ご隠居と...
20分くらいの噺

クズなんて商売になるのか? 〜柳家喬太郎「井戸の茶碗」

「井戸の茶碗」は珍重された「高麗茶碗」のこと。 今はリサイクルショップと言うと、なんだか品がある感...
20分くらいの噺

おやぶーーーん!は〜、いい、いいねえ♡ 〜春風亭昇太 看板のピン

ズバリ、サイコロ賭博の話です。 昇太師匠は「はじめての落語」というほぼ日のイベントに出られるくらい...
20分くらいの噺

金原亭馬生(十代目)親子酒

Wikiによると、宝永4年(1707年)に出版した笑話本「露休置土産」の一遍である「親子共に大上戸」...
20分くらいの噺

古今亭 志ん朝「堀の内」

古今亭ここんてい志ん朝師匠の「堀の内」。 枕のところで「ぐっ」と人を惹きつけてくれます。 あ...
古典落語

よっ後家殺し!って東京におきかえて申し上げようかと 〜六代目 三遊亭圓生 後家殺し

圓生師匠の声は本当にきれいで、うっとりする。 「後家殺し」は上方落語なのですが、それを圓生師匠が東...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました