スポンサーリンク
古典落語

あんた、ちょっと最後まで話を聞いてよ! 〜三遊亭円楽「芝浜」

6代目円楽師匠の「芝浜」。 情景がきれいに見えてくる語り口で、最後までぐっとつないでくれます。 ...
30分くらいの噺

「はてな?」を巡るお椀の価値とは 〜桂米朝「はてなの茶碗」

米朝師匠のすごいところは、多くの人が言うように、消えてしまった噺をたくさん復活させたところだと思いま...
10分くらいの噺

春風亭柳好(三代目)「野ざらし」

「骨釣り」では?と思ったら、こういうことらしい! 野ざらしは、古典落語の演目のひとつ。野晒しとも表...
20分くらいの噺

アルコールがこの血管の中を走りながら「酔え酔え、酔え酔え……」かき回してんねやないかと 〜桂枝雀「うらみ酒」

自分が大阪の出身だからか、どうしても上方落語、しかも米朝師匠や枝雀師匠の落語が好きです。 この録音...
30分くらいの噺

こんな太鼓、うれやしないよ! 〜桂歌丸「火焔太鼓」

歌丸師匠、ずっと笑点で幽霊扱いされていて、でも笑顔でやり返す。 笑点の司会になってからもみんな寄っ...
10分くらいの噺

どういうわけで、やかんとなったって聞きてえんだ! 〜三遊亭金馬(三代目)「やかん」

三代目三遊亭金馬さんゆうていきんば師匠の「やかん」。漢字で書くと「薬缶」。どういう意味かは冒頭しっか...
20分くらいの噺

出張って知ってまっか?え?二階で寝ることや 〜笑福亭松鶴「初天神」

6代目笑福亭松鶴師匠の初天神。お父さんと子どもとのやりとりの軽快さが楽しい。もう、終始ぼっけぼけ(笑...
古典落語

花魁はあれですよ、あなたに一心だ! 〜柳家三三「橋場の雪」

「橋場(はしば)」は地名で、墨田の方の話。 花魁に誘われたり、うっとりしたり、いろいろするんですが...
20分くらいの噺

ご隠居は普段から仕事してないけど…そうだそうだ!え?なんだって? 〜桃月庵白酒「つる」

テンポの良いまま、「つる」 の名前の由来について流れていきます。ご隠居は落語の中ではほんと、ご隠居と...
20分くらいの噺

クズなんて商売になるのか? 〜柳家喬太郎「井戸の茶碗」

「井戸の茶碗」は珍重された「高麗茶碗」のこと。 今はリサイクルショップと言うと、なんだか品がある感...
20分くらいの噺

おやぶーーーん!は〜、いい、いいねえ♡ 〜春風亭昇太 看板のピン

ズバリ、サイコロ賭博の話です。 昇太師匠は「はじめての落語」というほぼ日のイベントに出られるくらい...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました