スポンサーリンク
20分くらいの噺

金原亭馬生(十代目)親子酒

Wikiによると、宝永4年(1707年)に出版した笑話本「露休置土産」の一遍である「親子共に大上戸」...
20分くらいの噺

古今亭 志ん朝「堀の内」

古今亭ここんてい志ん朝師匠の「堀の内」。 枕のところで「ぐっ」と人を惹きつけてくれます。 あ...
上方落語

けったいなセリフや! 〜桂米朝「本能寺」

これは途中で歌舞伎が始まると言う不思議な落語。 ただ、本気の歌舞伎ではなく、途中で説明があったり、...
古典落語

よっ後家殺し!って東京におきかえて申し上げようかと 〜六代目 三遊亭圓生 後家殺し

圓生師匠の声は本当にきれいで、うっとりする。 「後家殺し」は上方落語なのですが、それを圓生師匠が東...
古典落語

なんかこう、ね、なんかこう 〜古今亭志ん朝(三代目) – 宋珉の滝

「宗珉の滝そうみんのたき」 うまく説明しにくい噺ですが、出だしから「プロとは?!」まという枕か...
10分くらいの噺

ねずみの取締りみたいな犬もいますけど! 〜古今亭志ん生「元犬」

古今亭志ん生ここんてい しんしょう(五代目)の「元犬」。 そうそう、「ここんてい」ですからね!古今...
古典落語

だめな男、最後の最後は・・・ 〜柳家小三治「芝浜」

芝浜は演じる落語家によって、その解釈から何から違う。それくらい、深い。だからこそ、聞くのも緊張する。...
20分くらいの噺

あれっ、打ち合わせと違っ、あれ?! 〜三遊亭円楽「花見の仇討」

五代目三遊亭圓楽師匠の「花見の仇討」。 笑点といえばこの人、というのが僕の思い出ですが、 人によ...
20分くらいの噺

じゅげむじゅげむかいじゃりすいぎょ・・・呪文じゃないよ! 〜立川談志「寿限無」

Eテレを見ていたら、呪文のように唱えているこの言葉、 いやいや、落語だからさ〜と思うけれど、入り口...
30分くらいの噺

まんじゅう食ってる?食ってる?だまされた〜 桂文珍「まんじゅうこわい」

「まんじゅうこわい」は意外と短そうに見えて、このお話は30分超えてます。 そんなにまんじゅうだけの...
30分くらいの噺

あら、いいんですか?あがっていいんですか? 〜桂枝雀「時うどん」

ご存知「時そば」ではなくて、「時うどん」。 大阪はうどんの文化、しかも柔らかい腰なしうどん、鰹だし...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました